FXの世界はお気楽じゃなかった。10万円でデイトレードに挑む外国為替証拠金取引(FX)奮戦記。目標月収50万円!!

 旧AdSense 記述ここまで -->
スポンサードリンク
■現在メイン使用業者

 ※ マネーパートナーズ             ※ サイバーエージェントFX
確実に約定する為デイトレ専用で使用     ランドのスワップ益で使用

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
詠み人:俺

昨今のサービス競争の結果、ドル/円ならスプレッド 1~2pipsという業者も珍しくなくなってきた。
これはつまり、数pipsの値動きで利益が狙える時代に成ったと言うことだ。
ドル/円は、一日に数十銭の値動きが有る。つまり、毎日チャンスが有ると言うことを意味する。

だが、此処で述べたいのは、過ぎたチャンスに固執せず、次のチャンスを狙えというコト。
毎日ほぼチャンスが来るのだ。なぜ今過ぎたチャンスのケツを追う必要がある?

ポジポジ病の抑止にも成るので、美味しい相場を逃したときは、この言葉を三回ぐらい唱えて心を落ち着かせるのが吉。

 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
スポンサーサイト
詠み人:全世界のプロトレーダー

うん。そうなんだ。喧嘩するには相手が悪い。

今から約200年以上も前に書かれた、「相庭高下傅」の一節に、「相庭に向ふべからず、機に乗るべし」と有ります。「相庭高下傅」は、米相場の相場訓について書かれたモノですが、株も為替も基本変わりません。
200年以上昔から、喧嘩せずに流れに付いていけと説いていたわけです。

逆張りは当たると利益もデカイのですが、基本はやはり大きな流れを読みとって、その流れに逆らわずに付いていくことです。その方が遙かに楽だし、結果として儲かります。

ちなみに天の邪鬼な私は、今週全ツッパリの逆張りで良いところ無しです。
順張りでやってれば、凄い利益を出してたと思うので、とても耳の痛い格言です。

 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
詠み人:俺

勝ちが続くと、段々俺天才状態になって、事前に決めて置いた許容取引量を無視した大勝負に出だしたり、(勝てるんだから、注文数増やせばばもっと稼げるんじゃね?理論。追試験で大抵死亡する)エントリーポイントを慎重に見極めることを怠るようになる。
逆に負けが続くと、次も負けるのではないかという不安から、新たにポジションを持つ勇気がみるみる萎んでいく。そうして、愚図々した挙げ句、最後の勇気を振り絞ってポジションを取った頃には相場が終了しており、また負けるという悪循環におちいる。

現在の私が、まさに勇気が削れた負け犬状態。
ひたすら心を強くするしか対策がないのですが、それが出来れば苦労しないわけで……。難しいです。
日毎、週毎に意識の区切りを付けて、メリハリのあるトレードを心掛ける様にするのが良いんじゃないでしょうかね。

 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。